ソーシャルディスタンスに関する英語表現の絵巻

こんにちは。わかまっちょです。

最近のステイホームで、体にうっすらお肉がつき始めてきました。

私は昔から、少しでも体重が増えて体が重く感じると、何故かお相撲さんの歩き方と話し方をマネしちゃいます。

今日も近所のスーパーに行くときに、お相撲さん歩きになっていたので、食事と運動に気をつけようと反省したところです。

今日はstay homeなど、ソーシャルディスタンスでは具体的に何をすれば良いのかを英語絵巻に描いてみました。

最後の方に、stay homeとstay at homeの違いについて少しだけ説明しているので、ご興味のある方は読んでもらえると嬉しいです(*^_^*)

stay home(家にいる)

ステイホームでお家で過ごしている画像。stay home

Stay home. Save lives. Help stop coronavirus.
お家で過ごそう。いのちを守ろう。コロナ終息に協力しよう。

only go out for essential reasons(不要不急の外出はしない)

食料品の買い出しと病院にだけ行って、不要不急の外出をしていない画像。only go out for essential reasons

I only go out for essential reasons, like going to the grocery store or the doctor.
食料品の買い出しや病院に行くくらいで、不要不急の外出はしていない。

stay 2 meters away from others(人と2メートルの距離をとる)

ソーシャルディスタンスで人と2メートルの距離をとっている画像。stay 2 meters away from others

I stay 2 meters away from others to practice social distancing.
社会的距離を保つため、人と2メートルの距離を空けている。

stay homeとstay at homeの違い

stay homeは、homeを副詞として使っていて、「外出しない」というニュアンスが強いです。

stay at homeでは、homeを名詞として使っていて、「職場や学校ではなく、家にいる」という「ほかのどこでもなく家」という「家という場所」を強調している感覚です。

英字新聞を見ていると、どちらも同じように使われている感じなのですが、辞書や参考書ではアメリカ英語ではatを省略してstay homeイギリス英語ではstay at homeとする傾向があるみたいです。

今回の外出自粛を表したい場合は、どちらでもオッケーだと思います。

まとめ

今日は、

  1. stay home(家にいる)
  2. only go out for essential reasons(不要不急の外出はしない)
  3. stay 2 meters away from others(人と2メートルの距離をとる)

この3つの表現をご覧いただきました。

人と距離をとりながらの生活ってなかなか慣れなくて、心もつらくなってきますよね。
無理をしすぎない範囲で、ソーシャルディスタンスを保っていけたらいいですね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました